2009年05月08日

でか山

地元のお祭りが一番exclamation×2
なんて思っているのは地元の者だけかな顔(イヒヒ)
でもでも、間近で見ると迫力があって楽しいよグッド(上向き矢印)

5月のお祭りは、七尾青伯祭

旧七尾市内の三町から三台の曳山、通称でか山が狭い街中を練り歩く、というか駆け抜ける

最大の見どころ「辻廻し」は今回撮れなかったけど、ちょっとだけご紹介
最後の方ででか山が大きく揺れているのは、テコで舵をとっているため








大きな曳山の舞台には、身の丈2m余りもある人形を飾って歌舞伎の名場面を再現、豪華さを三町で競ってる
このでか山を組み立てるのには、藤つるで作ったロ−プをかけてねじ締めるだけ、釘やかすがい等は一切使ってないというのも凄い所



0905052.jpg



0905051.jpg



この直径2mもある車輪、辻(角)を曲がるのには独特の技が
ハンドルがない「でか山」の方向修正は梃子と呼ばれる木製の道具を巧みに差し込んで行われる
「後見」の采配で、油のついた梃子を車の下に差し込んで車を滑らせて方向を直す
ん〜〜ん、これは見ないと迫力伝わらないなぁ

今度一度見に来てねわーい(嬉しい顔)

ニックネーム yumeyume at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | お祭り大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする